〜hitorigoto〜
2005年がスタートしました。
今年はビーズスキル認定講座も教材がリニューアルしたり、
春には糸と針を使用するビーズアンドステッチが導入されるなど、
益々ビーズも多様化、教室も対応に忙しくなりそうです。
昨年は毎日いろんな締め切りに追われて、とにかく猛進した一年でしたが、
今年は本当に自分の作りたいものにじっくり取り組んで、
「3歩進んで2歩下がる」余裕を持ちたいなと思います。
皆様今年もどうかよろしくお願いいたします。

*2005・1*
      「a coral rose」             
年末天然石のお店で、「珊瑚の薔薇」を購入しました。
以前からみつけると少しづつ集めていたですが、
今年は珊瑚の赤がとても鮮やかで彫りもきれいなものが
多いように思いました。
珊瑚色のやさしさを活かしたいと試行錯誤してみた
のですが、今年はとても赤みが強いので、
可愛くすればするほど安っぽくなってしまいます。
いっそのことと思いジェットとあわせてみたら、
コントラストが利いたジャパニーズな
仕上がりになりました。
黒のパンツスーツにあわせてちょっと
大人っぽくつけてみようかな。
                「ETRO]
バブル全盛期にOL時代を過ごした私ですが、はじめてのお給料で贅沢してみたのが
ETROのスカーフでした。

カラーを勉強した今このスカーフを手に取ると、
多色配色の美しさ、複雑さ、意外性にあらためて感動させられます。

おチビの私は素敵に着こなすことができないのでずっとタンスの肥やしになっているのですが、
年末の大掃除でもやっぱり処分することができませんでした。

今のビーズ人気をブームだという人も多いですが、本当に美しいものはやっぱり
残っていくものだと思います。

いつまでも、どうしても処分できない、そんな本物を生み出せる力をつけていきたいなと思います。
「doubling heartsのネックレス」 
一見ビーズにみえないこのオープンハート。
色々な素材と大きさで試作してみて、
やっと納得がいったので
ご披露します。2ミリのラウンドビーズで、
びっしりと編みこんでつくりました。
母から贈られたジルコニアがちりばめられた
セーターにあわせて先日から楽しんでおります。
ハートのオープン部分にチェーンを通して使う、
つけ外しも簡単なしくみです。

このモチーフは2月のレッスンで取り入れる予定です。
結果は・・・

お騒がせしましたが、AFT色彩検定1級
合格しました〜。

今年は教科書改訂前の「落とすため試験」だったとかで、
問題がむづかしく得点がしにくかったのか、
合格ラインが134点にひきさげされていました。
私のような初挑戦組みはこのことが大いに幸いして、
どさくさで合格してしまったという感じです。

だから私の場合は、これがゴールではなく満点合格に向けて
ここからもう一度スタートです。

今回の体験で得たことは
「やらなければなにもはじまらない」ということ。
あの時「受けてみよう」と誘ってくれた
ビーズカラーのみなさん、
落ちるのを怖がっていた私に
「受験しないことには受からないわよ」と
背中を押してくれた母の一言、
受験申込みに一緒についてきてくれた山下先生、
追い込み1週間前は手抜き料理で我慢してくれた家族たち、
応援してくださった皆様、
本当に本当にありがとうございました。









home
mail
plofile
link
goods
pick up
hitorigoto
beads color
lesson
gallery