home
小さい秋が感じられる季節になりました。
みなさんの夏休みはいかがでしたか?私は・・・
こんなにビーズ制作にあけくれていた夏はなかったのでは、というくらい
作り続けていました。
アメリカンビーズステッチの見本、クリスマス、お正月、ヴェレンタイン作品
と大きいものから小さいものまであわせると総数23点!
最後の見本を作り終えてふと気づくとカレンダーはもう9月。
そんなこんなで終わった私の2006の夏休み。
そしてまた文化の秋、ビーズの秋がはじまりますね。
新作も順次upしていきますのでまたサイトにも遊びに来てください!
〜hitorigoto〜
*2006・9*
糸と針で編む ビーズステッチ認定講座〜アメリカンスタイル〜

本場アメリカのトップアーティストが認定課題をデザインしています。
2005年度バージョンとはまた一味違うデザイン、配色、テクニック
実際制作しみて感じたことをご紹介します。
(★・・・アメリカンスタイルの方が大変だった、
      難しかったと感じた、私的な感想です。)
lesson1 ペヨーテステッチのネックレス ★

「偶数目のフラットペヨーテを輪にする」を
徹底的にマスターできます。
ネック部分のビーズの入れ間違えが多く、
集中力が必要かも。
home
lesson2 スパイラルロープのブレスレット

外側ビーズの目数が違うだけで
ウェーブの仕方がこんなにちがうのか〜
と驚きでした。2005をつくったかたも
スパイラルの作業手順を確認できます。
lesson3 デイジーチェーンの花のネックレス

紫と緑というthe・Americanな配色。
日本ではあまりみかけない丸大や花形ビーズが
入っています。
デイジーチェーンの愛らしさを最大限にいかしています。
糸のひきしめかたにコツがあります。
lesson4 ヘリンボーンステッチのブレスレット

2005バージョンで苦労したフラットヘリンボーン
でしたが、こちらは特大ビーズでサクサク編んでいけます。
外に渡る糸を利用したデザインがユニークです。

lesson5 ネッティングのネックレス 

目数が増えるので、パターンを理解するまでに
ビーズの入れ間違えガ多くなります。
またキーワードを唱えながら作りましょう。
lesson6 ブリックステッチのペンダントネックレス 

増減に加えて、「まっすぐに編む」作業が加わります。
ブロンズ1色のデザインで使いやすそう。
lesson7 ライトアングルウィーブの
   飾りパールのブレスレット ★ 

ベースが丸大なので引き締め方が作品の出来を左右します。
編む方向によっては、ターンの仕方もしっかり理解できます。
lesson8 ペヨーテサーキュラーのスターアトラクション  ★ 

名前だけでは(・・?という感じですが、バレッタ、髪留めです。
スカーフ留めとしても使えます。
中心につける淡水パールのフリンジがキツカッタ・・・
90本ついてます。
lesson9 ヘリンボーンのチューブラリエッタ  ★ 

今回のビーズボールはペヨーテでアーモンド形に
編んで行きます。引き締め方はデモでお伝えします。
今度はデリカビーズで70センチ近く編みます。
2005バージョンで挫けた人、要覚悟。
これでもかってくらい★ピッカピカ★で、
編み上げた時には疲れと感動でクラクラしました。
lesson10 奇数目ペヨーテのブリリアントリング  

人気作家lauraさんのデザイン。
カボションが2005ではでてこなかった
テクニックです。
ネックレスにもできます。
lesson11 スクエアステッチのアミュレットネックレス ★

スクエアステッチの構造をしっかり理解できます。
図案のデザインが苦手な方は勉強になります。
(はい、なりました)

lesson12 フラワーブーケのブローチ ★

ヘリンボーンでつくるフラワーです。
増やし目の仕方がユニークでした。
葉っぱも迷路みたいな動きで針を進めます。
パールのまち針

毎日使うものはこだわりたい派のワタクシですが、
先日、銀座のMIKIMOTO BUTIQUEで
パールのまち針をみつけました。
いつもは趣味も好みも全く異なる家族ですが、
このまち針には理解を示してくれて
価値観は同じだ〜とホッとしました。
3本で10500円也。
贅沢?それとも共感してくれます?
KIRAKIRAボールペン

こちらはスワロフスキーのラインストーン
がうめつくされたボールペン。
講習中いっつも迷子にしちゃうのをみかねた
プレゼントでした。
needlecase gallery

フォローアップクラスでは、
「オリジナルデザインでニードルケースをつくってみよう」
という課題にとりくんできました。
予想以上にレベルの高い作品が集って
なんだか嬉し涙がでそうでした。
こちらのページではそんな力作をご紹介してきます。


フェルトの可能性ってスゴイなと思います。
ピンだって通せるし、ビーズの穴の向きを
気にする必要がないので、
とめつけだってカンタン!
秋冬のアクセサリーは
フェルトのはまりそうです。。。



コラボレッスンvol.3 MISACO×NAGOMI
   「フェルトボールのほっこりブローチ」
この秋ブームの予感のフェルトボールを手作りしてみませんか?
フェルトのほっこり感は秋冬のアクセサリーにぴったりです。
市販されていない色、大きさ、形を自由に作ることができたら
作品の幅も広がることまちがいありません!
MISACO先生をお迎えして綺麗に丸めるコツなどを伝授していただきます。

■キットは
アイボリー、ダークグレイ、ブラウンの3色ご用意しています。
ネックレス部分は毛糸や革を使います。

■レッスンの内容
*フェルトボールの作り方
*ブローチ台座の作り方
*ブローチ台への接続の仕方

詳細はお問い合わせください。
9月27日(水) 午前 午後 各定員は6名です。
        現在満席ですが、キャンセル待ちをしていただける方はご連絡ください。
        日程を増やすことも検討しています。
          
「なんでこんなリボンこんなとこに
ついとんのんやろ・・・惜しいな・・・」
そんなちょっとしたことで
洋服を買うのをあきらめることは度々です。
このカーディガンにも、
最初太いサテンのリボンがついていたのですが
仰々しくて好みではありませんでした。
そこで、鎖編みの練習もかねて、
パールの丸大を編みこみ
ビーズボールをさげた細いベルトをつくってみました。
これでこの秋出番が多くなりそうです



ビーズカラーのクラスが終盤に入り
イメージを4色配色で表すという
おもしろいことろに来ています。
おみやげの
「シャンパンロゼ」という名前の
紅茶を味わいながら
思い思いに配色してみました。
シャンパンのシュワシュワした感じを
全員がltg6のbeige(TOHO31番色)を選択。
共通イメージってやはりあるものですね。


9月の誕生石は「サファイア」
「信頼」「誠実」「真実」のシンボルといわれます。
深く、濃い蒼をみつめていると、心がスッと落ち着いてきます。
そんなサファイアの魅力を活かしたVラインのネックレスをつくりました。
中央にヴィンテージスワロを配して、
30代最後のbirthday を迎えた自分へのプレゼント。
嘘偽りなく、自分に正直に、無理のない1年を過ごしたいと思います。